今や、猫は室内飼いが主流です。一生外に出なくて家の中だけでかわいそうじゃないのか?なんて猫を飼ったことがない、興味がない人はそう思うらしいのですが、猫って習慣の生き物なので同じ生活スタイルを好むのですね。なので外をうろうろする猫は外に出たがるでしょうけど、うちの猫のように子猫の時から室内だけで暮らしていると外に出たがるどころか玄関のドアが開くと逆に怖がったりするんです。

でも野生の本能も残っているので狩猟本能みたいなのはちゃんとあります。それを満たすためか、猫タワーだったり、タンスやカウンターテーブルなどを登ったり下りたりと遊んでるわけです。まあ微笑ましい光景です、基本的には(笑)

たまにスイッチが入るとちょっと大変で、部屋の端から端まで猛スピードでダッシュしてきたかと思うとすごい勢いでタワーを登る!そして降りる!目もとまらぬ速さとはまさにこのことです。部屋のラグマットがずれる、めくれる、ゴミ箱やティッシュはなぎ倒されている・・・なんてことが外から戻ると時々ありますのはこういうことがなされているからです。猫の運動会と名づけていますが、これが夜中に開催されることも時々あります。猫飼いならばいずれ慣れてそんな中でも熟睡できるようになります(笑)

運動会の他に夜中に散歩して寝ている飼い主の頭をくんくんとにおったり、時に毛づくろいしてくれたりと飼い主チェックをする場合も時にありです。こういうことがわりと夜中だったり朝方前に起こるので猫って夜行性なんだなと思いますね。ペット可の物件ですらさすがに下の階の人に申し訳ないと思うレベルです。一軒家の方がその点心配は少ないかもですね。