今日本でキャットフードを探そうとしたら100以上のブランド、数百以上の種類があります。そんな中から自分の飼い猫に最適な商品を探すのは大変ですよね。そこで、私は最近キャットフードランキングを参考にしています。

このサイトでは国内ブランドから海外ブランド、ドライフードからグレインフリーまであらゆるキャットフードの中から厳選した50商品をランキング形式で紹介しています。個人的な感覚としてはSランクの3商品から選んでおけば問題ないと思いますが、Aランクで紹介されているウェットフード「フィリックス」とか「黒缶パウチ」なども気になって購入してみました。

猫の病気に関する記事もある

キャットフードのランキングサイトと言っても、フード情報だけではありません。サイドバーを見れば「尿路結石」「腎臓病」「毛玉」など、猫がよくかかる病気についての情報もあります。近くに動物病院があっていつでもすぐに行けるなら専門家に聞くのが一番ですが、平時から予備知識として病気に対する正確な情報を知っておくことも大事ですね。

困ったらこのサイトを見よう

他にも餌の切り替え方のコツや、キャットフードによく含まれている原材料の情報なども解説されています。流石「にゃん事典」というだけあって、キャットフードのみならず、猫に関するあらゆる情報が網羅されています。もしあなたの飼い猫に関して疑問に思うことがあったら、まずはこのサイトを参考にするとよいと思いますよ。

私が選んだキャットフード

ちなみに、私はこのキャットフードランキング第1位のカナガンと2位のオリジンをローテーションにしつつ、8位のフィリックスでたまにウェットフードを混ぜています。毎回ドライフードだと飽きるし、夏場だと水分不足になりがちなので、ドライフードとウェットフードをいい感じにローテーションを組むと愛猫も飽きずにしっかりと食べてくれると思います。

ただ基本的にこのサイトの上位はプレミアムキャットフードなので、多頭飼いの人には金銭的な負担が大きくなると思います。その場合は少しランクを下げて大衆向けのフードを選んでみるとよいでしょう。例えば10位のピュリナワンは中級ですが、品質は結構いいと思います。あとはBランクのモンプチも中級ですが、豊富な種類で、大抵のスーパーにも置いてあるので手に入りやすいです。特にお菓子やスープなども色々あるので、餌のやり方にバリエーションが広がります。

とにかくこの「にゃん事典 – キャットフードおすすめランキング50選」というサイトは非常に参考になるので、一度は見てみることをお勧めします。